情熱の豚とは?

メキシコSOLES社から輸入している、国産豚にもまけない高い安全性と味わいが魅力の豚肉です。

外国から輸入している豚なんて大丈夫・・・?

海外産の輸入肉について皆様はどんなイメージを持っていますか?

「品質が不安」「国産に比べて危険じゃないの?」など、マイナスイなメージを持っている方が多いと思います。

しかし「情熱の豚」は、「安心・安全」に対しての徹底的な取り組みを行っており、そのような心配は無用です!

安心・安全の取り組み①「トレーサビリティ」システム

どんな場所で誰が関わっているのか分らないお肉なんて不安ではありませんか?

「トレーサビリィティシステム」は契約している農場で豚が生まれ、成長しお店に並ぶまでの全ての情報(いつ何処でどのように作られたのか?その作業の内容まで)を一貫で管理・記録することで、問題点を直ぐに特定でき、迅速な情報の開示を出来る状態にしています。

安心・安全の取り組み②「HACCP」システム

世界標準になりつつある安全・衛生および品質管理方法「HACCP」システムも当然行っています。

商品を作る際に起こりうる技術的・科学的危険性をあらかじめ出し尽くし、どの段階でどのような対策を行えばより安全な物を作れるか常に監視する事で、常に最新の安全性を確保しています。

安心・安全の取り組み③「SPFポークのみの使用」

情熱の豚は、国産の豚肉と同じ、豚の健康に悪影響を与える特定の病原体が無い状態を保証しているSPF豚です。

※現在メキシコの畜産業では定義されていませんが、情熱の豚はSOLES社との取り組みにより日本畜産業の制度や規定を厳しく順守しており、SPF豚と定義しています。

⼯場にはメキシコ連邦政府の検査官5⼈が常に監視し、ソレス社の12⼈の検査官が品質・衛⽣管理について厳重なチェックを⾏っています。

安心・安全は当たり前!日本人好みのやみつきになるジューシー感が自慢です。

遺伝子組み換えを行っていない小麦を主原料にしたご飯を与えることで、脂身は白くなり、⾚⾝は適度に脂が入り、(繊維質)肉質のきめ細やかなもち豚風となりました。

その結果、臭みがなくなり、甘味と味わいのある肉質になり、豚肉本来のうま味やジューシーさを際立てることで、日本人好みの味に仕上がったのです。

多様なニーズにも柔軟に対応

⽇本市場の要求に対する⽣産者の柔軟な対応⼒もメキシカンポークの⼤きな魅⼒のひとつです。

脂肪やスジを取り除いて欲しい、もっと小さいサイズが良いなど、⾼度な技術を持った職⼈の⼿仕事による薄切り、成形、串刺しといった⽇本ならではのカスタマイズにもきめ細かく対応しています。

セット一例

2玉入り
約14.0kg

モモ

4本入り(2本×2段)
約17.5kg

ロース

4枚入り
約17.5kg

バラ

業務用通販サイトは下の画像から!