「紀州梅そだち」とは

紀州うめぼし製造の副産物である梅酢を特許技術により電気分解し、脱塩と有効成分を濃縮した梅酢飼料で、弊社PB商品「紀州うめぶたにも」使用されています。
和歌山県日高郡みなべ町で製造されています。

「紀州梅そだち」が出来たきっかけ

和歌山県の特産品である紀州梅干しの製造にあたり、副産物として梅酢(塩分を含む酸味の強い梅果汁)が排出されます。
梅干しの生産量が増えるにつれ、副産物の梅酢も増え廃棄していました。
未利用資源である梅酢の用途開発(有効利用)を目的に、株式会社紀州ほそ川と和歌山県養鶏研究所との官民連携の研究が、1999年から始まり5年の歳月を経て、梅の持つ成分を凝縮した梅酢飼料である「紀州梅そだち」が開発されました。

畜産用飼料に混ぜ与える事による効果・影響

肉質の向上

下図のデータによると、紀州梅そだちを保水力(※1)・伸展率(※2)・剪断力価(※3)の向上がみられ、それによりやわらかくプリプリの肉質になり、ドリップの量が減少します。

※1.ジューシーさ・水分の保水性を表す。
※2.すりつぶしたときにどれだけ伸びるかを示すもので肉の柔らかさを示し,数値が大きい程良い。
※3.鋭利な刃物で 切断するのではなく、肉片をちぎる(剪断する)というものであり、その値。
官能評価を併用した多くのテスト結果から、剪断力価はやわらかさと相関があることが 認められ、食肉のやわらかさを示す指標として国際的に汎用されています。

加圧保水力グラフ
和歌山県農林水産部 農林水産総務課 研究推進室 調べ参照
伸展率グラフ
和歌山県農林水産部 農林水産総務課 研究推進室 調べ参照
剪断力価クラグ
和歌山県農林水産部 農林水産総務課 研究推進室 調べ参照

育成・医療コストの軽減

自然免疫応答を調査する為、血液中から採取した自然免疫において重要な役割を担っているマクロファージの走化性が、紀州梅そだち添加前の21日齢では差は殆無かったが、添加して21日後の42日齢ではかなりの差がみられました。

マクロファージ走化性グラフ
和歌山県農林水産部 農林水産総務課 研究推進室 調べ参照

以上の事から強健性(免疫性)の向上・死亡率の低下が期待できます。

その他

・内臓脂肪から筋肉脂肪への移行による歩留まり向上
・離水、脂質酸化の抑制による流通における品質の差別化